高品質・高精細なレーザー加工技術

当社のデザイナーが、
より高品質なレーザー製品の制作をお手伝いします

レーザーマーキングとは

レーザーマーキングとは、レーザー光を使って様々な製品に文字・ロゴマーク・画像・バーコード・QRコードなどを表層刻印することです。

インクを使った印刷よりも高級感があり、塗装のように剥げ落ちることもないため、効果は半永久的に持続します。

レーザー刻印、印字、レーザー名入れ、レーザー彫刻、エングレービングなどとも呼ばれています。

当社のレーザーマーキングの特徴

当社の Nd:YVO4クリスタルが生み出すレーザーの直径20~40μmのドットは、ミクロレベルの美しい再現力を持ち、他のレーザーに比べて周囲に熱影響がありません。

レーザースポットが正円に近く、縦横キチンと並列していることが、美しい画像再現の秘密のひとつです。
(当社で開発したレーザー発振器の特許出願例

写真画像は500~600dpiに匹敵するドットで表現され、通常の印刷物よりも更に繊細な表現が可能です。(通常の印刷物は 350dpi)

 ※ 1μm=0.001mm  40μm=0.04mm


右図のように、米粒より小さな文字もレーザーで再現できます。

また、デザインにお悩みの場合はご相談ください。当社のデザイナーがお預かりした画像を元に、白黒の濃淡を調整したり、切り抜きを行ってレーザーに最適な画像加工処理をいたします。

詳しくはお持込み画像についてをご参照ください。

加工できる素材

金 ・銀・プラチナ・ステンレス、真鍮などの金属、樹脂、セラミック、木、革、アクリルなど幅広い素材に印字が可能です。

機械彫りでは再現できない繊細な模様や、小さい工業製品へのナンバリングなどもレーザーでは再現できます。

素材そのものを削って色を出すため、印刷よりも発色が自然に仕上がると、お客様からご好評をいただいております。

発色について

レーザー加工は基本的に単色/モノトーンです。素材によって色が決まります。たとえばステンレスは通常、淡いベージュまたはグレーの発色です。

左の写真はステンレススプーンへの加工です。ドットの濃淡で色を表現しています。微細加工が得意な当工房ならではの、特殊対応のワークです。

「同じ素材」であっても、表面処理の仕方や素材工程の微妙な違いなどにより、発色が変わったり、場合によってはレーザー反応しないことすら起こり得ます。このため、本番の加工前に同じロットの商品または端材による試作をお勧めしています。

ガラス製品へのエッチング 金属製品へのホーニング加工



レーザーマーカーでのマスキングシートの作成で、ガラス製品への微細なエッチング加工が可能です。

詳しくはお問い合わせください。

Copyright(c) 2018 LASER TECHNICA CO.,LTD. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com